iPod「カメラアダプタ」インプレッション


 私が普段持ち運んでいるものの一つがiPodである。
 昨年買ったものだが、ビデオムービーや写真のデータを入れられるので非常に面白い。
 人に見せると注目の的である(^^;


 さてさて、それとは別に持ち歩いているものがデジカメだ。
 多い時には一日に数百枚単位で撮影するので、パソコンへバックアップしないとあっという間にメディアがいっぱいになってしまう。
 まぁ、デジカメの中には2GBもの大容量SDカードが入っているので、どちらかというと大量に撮影する時は電池の方が先に無くなってしまいますけどね。
 自分だけでデジカメとiPodを使っている分には問題なかったのだけど、最近人が撮影したデジカメのデータを貰うという機会が出て来た。
 今年行った韓国旅行の時のように、PCを持ち運んでいればそれも良いだろうけど、毎日使うものではないし、背広の中に入れておくのも難しい{{ (>_<;) }}  そう思っていたらアップル社から カメラアダプタ
というiPodアクセサリーが出ていたのを思い出した。
 これはiPodにUSB端子を増設するアダプタのようなもの。

 最近のデジカメはパソコンとUSB端子接続することで、データの転送が出来るようになっている。
 iPodとカメラアダプタ、それとUSBケーブルがあればデジカメのバックアップがとれるのだからこれを使わない手は無い。
 結論から先に言うと、購入したのは正解!非常に便利。
 今では鞄の中に入れっぱなしにしているくらい。
 だけど、購入に至るまで少々時間を要した。
 購入した動機の中にはちょっとした実験をしたかったという、いつもの悪い癖が働いていたせいもある。
 カメラアダプタの値段は定価で3400円。
 オークションを見たら2千円台前半で出ていたので、そちらを落札するのも良かったのかも知れない。
 普段「おしっこ」にしかならない液体ばかり飲んでいる自分にとって、その程度のお金は大した値段ではないし、有意義な投資だ。
 ところが、私の頭はどうしてもひねくれた考えを出してしまうようだ。
 iPodにはUSBケーブルが付属している。
 それならデジカメに付属してるUSBケーブルと延長コネクタのようなものでこの二本のケーブルを連結したら3400円なんかを出す必要がないのでは…
 しかし、結局この実験はまだ行っていない。
 実験費用は数百円だろうから、やってみたいとは思ったのは事実ですが(^^;
 おそらく、カメラアダプタという特殊な機器を接続しないとiPodもデジカメを認識しないようにプログラムされているだろう。
 どなたかレポートしてほしいです。
 次に、考えたのはカメラアダプタに、市販のメディアリーダーをつないだらどうなるか?である。
 想定として、携帯電話のデジカメデータをiPodにダウンロード出来ないだろうかと考えたとき、メディアリーダーがつけば鬼に金棒、虎に翼(←韓国のことわざ)である。
 結論から言うと


と表示され、認識してくれなかった。
 中には電源を供給すれば何とかなったかもという場面もあった。

無反応…
 これは事前にAppleストアの店員さんに確認をしていたのだけど。
 店員さんいわく、
iPodの方からメディアリーダーに必要な電源を供給出来ないので無理だと思います
とのことだった。
 いや~、関心関心。
 そこまでの知識があるんですね。
 だけど、試しにUSBメモリーをつなげてみたら、USBメモリには電源を供給していることがわかった。
 だが、iPodの電源があっという間に無くなり電源が落ちてしまった。
——
 続いて、実際使ってみた感想を書いてみたいと思う。
1. 「写真の読み込み」という項目が出てこない!
 iPodにカメラアダプタを接続すると、すぐ画面に「カード未挿入」と表示が出た。
 そりゃそうだ。
 なにもつなげていないもの。
 そう思って、一度iPodをいじくっていたら、カメラアダプタをつないでいるのに「写真の読み込み」という項目が出てこないではないか。
 説明書を見て確認したのだが、説明書どおりやっても発見出来ない。
 そりゃ、iPodからカメラアダプタを一度引き抜いて、差し込めば良いのだけどね…
※ これは説明書の記載ミスだと思う。
 iPodにデジカメデータを読み込ませ、新しいロールが出来たら、説明書どおり「写真の読み込み」という項目が出た。
 それから、カメラアダプタを接続せずに「写真の読み込み」を選択すると「接続準備完了」という表示になる。
 準備完了と言っても、カメラアダプタが無いのだから念力で送れって言うことか(^^;
2. 読み込んだデータがブラウズできない。
 せっかく取り込んだデジカメデータ。
 まわりのみんなに見せて自慢してやろうと思ったのだが、表示が出来ない。
 間違いなく「写真:●●枚」と言う表示になっているのに…
※ なんらかのエラーが発生していた可能性がある
 現在では想像どおり、読み込んだデジカメデータは、すぐにブラウズ出来ている。
 iPod側に何らかの異常があったのかもしれない。
 そういえば、このカメラアダプタを購入した前後に、iPodのファームウエアーが更新されていたような…
3. 選択取り込みが出来ない
 デジカメからデータを読み込んでいる途中、あと数枚というところでデジカメの電池が切れてしまった!
 電池を入れ替え再チャレンジ!
 また最初からやり直しである…トホホ。
※ そういうものだとあきらめるしか無いっす…
 他人のデジカメはどんなデータが入っているかわかりません。
 当然のことながら、見て貰いたくない写真とかも入っているかも知れない。
 この写真と、この写真を!っていう選択読み込みが出来ないのはまだしも、せめてここから最後の写真までって設定があってほしいです。
 枚数が多いと読み込む時間がえらいかかりますので…
 という感じですかね。
 実際、メディアリーダーがつながったとしても、その分鞄の中が選挙されてしまうので、ケーブル1本と、カメラアダプタだけというのは非常に携帯に便利です。
 背広の中にも気軽に入れておけるしね。
 それから、他社のデジカメであってもメディアが同じだったら、自分のデジカメがメディアリーダー代わりになるので非常に便利です。
 後は携帯電話のデータをなんとか出来れば面白いんですけどね。
 以上iPod「カメラアダプタ」のインプレッションでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。