スゴ録分解(10)

(null)

 春ですね〜
 なんか新しい事を始めたくなる季節。
 間も無く4月だし新しいクールの新番組も始まる事だし、ビデオを新調する事にしました。

 韓国語を勉強し始めた頃からSONYのHDDレコーダーを愛用しています。
 愛称は「スゴ録」。
 キーワードを設定してドンドン勝手に録画してくれるのが素敵です。

 ある日、目が覚めて携帯見たら「貴方が商品を落札しました」とオークションからメールが入っていて困惑しました。
 BDZ-AT970Tと言うスゴ録の中古品に入札していたんですが、まさかこの値段で落ちる事はないだろうとタカをくくっていたのです…
 既に数日前にBDZ-ET1000をオークションで落札していたのでどうしようって感じです。

 この個体は実はハードディスクに少々難ありだと言う触れ込みでした。
 そんならハードディスクを交換してやれば良いんじゃな〜い、って思ったのが甘かったorz

(null)

 幸運なことに秋葉原で同型のハードディスクを購入する事ができました。
 ところが交換しただけではSYSTEM ERRORが出てしまいます。
 さてどうしたもんか?

1.無理矢理交換作戦

(null)

 システム正常起動中にハードディスクのケーブルを抜いて、無理矢理交換してしまう作戦。

(null)

 ドライブを交換後、設定の中にある設定初期化項目からHDD初期化を選び実行しました。
 新しいドライブは問題なく初期化されていると思ったら…
 SYSYTEM ERRORの表示が出てバットエンド(ノ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)ノ~┻━┻

2.外付けHDDで認証作戦

 なぜ同型のHDDなのにスゴ録は認識してくれないのか?
 スゴ録本体とHDDはなんらかの認証でそれ以外のハードを拒否するようです。
 例えばこの機種も外付けHDD対応機種ですが、一度認証した外付けHDDは他のハードでは一切受け付けてくれず、デッキ本体が壊れたら外付けHDDに入っているデータは一切アクセスできなくなると言う恐ろしいシステムだそうです。

 それでは一度外付けHDDとして認証した後、本体内部に戻してやればどうなるでしょう?

(null)

 一度外付けHDDで認証させて、HDDが外敵ではないと関連付けさせた後、作戦その1の無理矢理交換作戦です!
 ダメだーーーー(ノ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)ノ~┻━┻
 これ又失敗。
 やっぱりエラーになってしまいました。

3.基盤交換作戦

(null)

 スゴ録はHDDの基盤に入っている情報を読んでいるんじゃないかと推理。
 全く同型のHDDなのですから基盤を交換してやったらどうなるか?

 これでもだめ!(ノ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)ノ~┻━┻
 HDDが見つからないと言うエラーが出てしまいました。

4.無理矢理基盤交換作戦

 もう最後の手段。
 正常起動中にHDDを抜き取り、基盤を交換してフォーマットじゃ!

(/ ˊ̱˂˃ˋ̱ )/ふっ!(」 ˊ̱˂˃ˋ̱ )
 フォーマット開始もされず、エラー表示が出ておじゃん。

総括

 もう一つ試したい事としてHDDクローン作成機器を使ったらどうなるかと思っています。
 ただし、これも望み薄です。
 随分昔に、古い機種のスゴ録のHDDを交換するって実験をしたのですが、普通のPCでは認識できないフォーマットがなされているようで、手も足も出ませんでした。
 おそらく、このクローン製造機でも認識すらしてくれない可能性がありますし、お金を無駄にするだけです。

 究極的にはメーカー修理が一番早いって話です。
 落札直後は数千円のHDDと交換してサッサと売り逃げしてしまおうって計画だったんですけどね。
 それも水泡に帰したというお話でした’`,、(‘∀`) ‘`,、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。