靖国問題


 昨日、小泉総理が靖国神社を参拝した。
 前回までと違う点は、周辺国を考慮し、あくまでも一般人として参拝したということを強調したことだろう。
 詳細はわからんが、大阪高裁で「総理の靖国神社参拝は憲法違反」という判決が出たということも、その背景にあると思う。


 私の意見は、日本国民であるから何人とあろうと日本の神社に参拝することをとがめることはできないということ。
 政教分離という点では、一国の首相がひとつの神社にお参りすることはどうかという意見も出てくるだろうけど、それなら某宗教団体が支持母体となっている連立政党はどうなるのだ?
 昨日夜のニュースで、この問題を取り上げていたが、ある若い人間が「靖国参拝が国家同士の障害になるのならすべきではない」というニュアンスのことを言っていた。
 ところで、そういうことを言った若い人は靖国神社に参拝したことがあるのだろうか?
 私は行ったことがあるぞ。
 友達の付き合いで行ったので積極的なものではないが、やはり行けば行ったなりに感慨深いものがある。
 今年はお守りも買ったしね。
 いや、靖国神社にお参りしないと、命を懸けて日本を守ってくれた人・英霊に対して信心が足りないということではない。
 靖国に行かなくても、たとえば自分の親族・先祖に対するいくばくかの感謝の気持ちを持っていればそれで構わないと思う。
 話の根本は何だろう。
 小泉総理は何度も何度も靖国神社を参拝するという意味を「不戦の近い・過去の英霊に対する感謝」を述べている。
 ところが、靖国参拝を反対する人の意見を聞いていると「靖国参拝はA級戦犯崇拝であり、再度日本が戦争を起こそうとしていると思われかねない。」なんて突拍子もないことを言って批判をしているように聞こえる。
 靖国参拝という表面的な行為・心の問題を「独自の判断・感情」で解釈しているからこうなる。
 特に中国・韓国は、全く反対の解釈をしようとするのだろうか?
 確かに、過去に日本が行った行為に対する反省を促す意味が全くないとは言わないが、早い話が「難癖をつけて日本より有利な立場に立とうとしている」だけだろう。
 私は中国や韓国の国民全体が、日本に対して悪いイメージを持っているというのは「情報操作」であると思う。
 韓国の親日派の文化人が「自分は靖国神社に行ったことがある」と発表したことにより、大変な批判を浴びただけではなく、それ以上その人の意見を発表しないように、担当していたテレビ番組を降ろされたという話を聞いたことがある。
 実際日本人がどういうことを考えて、靖国神社に参拝しているかという討論すら却下!
 靖国神社に参拝する人は悪人である。
 それ以上何も考えるな!と言っているのだから、あいた口が塞がらない。
 正直「日本は悪い国だから何をやっても構わない」などという構造を作っておいたほうが都合がいいわけである。
 靖国神社におまいりするのではなく、中国や韓国を拝め!
 属国になれ!と言いたいのだろ?
 昨晩のニュースで、ある中国人が「日本製品をボイコットする」なんて言っていた。
 正直腹立たしくなった。
 ボイコットすればいいじゃない!
 日本が中国の安い人件費を頼って、製品を発注していたのは過去の話になりつつあるらしい。
 中国より安いコストで、もっと品質の良い商品が作れる国に移行するようにシフトしているそうだ。
 こんな話はどこかで誰かが言っていた話のつなぎあわせだから、大して目新しい話ではないだろう。
 だけど、ある韓国の人と「総理が靖国神社に参拝することをどう思っている?」と問いかけたところ「やはり自国のために命を捧げた人達に対して、感謝の気持ちを持つことは間違いではない。それはどの国でも一緒だろ!?五月蝿く言っているのは年配の一部の人たちだけだ。」と言った。
 兎にも角にも、靖国神社に参拝することは「不戦の近い・過去の英霊に対する感謝」であると言う意見を捻じ曲げてもらいたくないものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。