M42アダプター


 E-410とE-510の二台のカメラを持つ私。
 最近ほとんど写真を撮っていませんね。
 こうなることは分っていたと言えば分っていたんですよ。
 先日の忘年会の時にもE510のセットを持って行ったのですが、写真を撮っていると
料理にありつけない!
酒が飲めない!

訳です。
 普段持ち歩いているカメラはPENTAXのA10。
 A10はもう9000枚以上シャッターを押しています。
 やはりいつも持ち歩かないとカメラはダメだということなのですよ。


 ふと思ったのが、薄くて小さくて軽いE-410を鞄にいつも入れておくという作戦です。
 キットレンズをばらして鞄にしまっておけば、普段持ち歩くことが可能ですから。
 でもやっぱり取り出すごとにレンズを組み立てるというのは速写性に欠けます…
 そう思っていたところ、奥戸商会がへんちくりんなレンズを購入したではないですか。
 旧ソビエト製だか何だか分らないですが、写真の様に非常に小さいレンズです。
 これなら私の事務課晩の中に、レンズをばらさず入れておけるかもしれない!
 そこでこのレンズを付けるためのM42アダプターというものを購入してみました…
 購入する時から分っていたのですが、今回購入したアダプターは無限域のピントが合わない安物です。
 それじゃ接写レンズに使えれば面白いかも…
 と思ったのですが、もともとこのレンズはこのサイズで50ミリ、フォーサーズ企画にすると100ミリレンズです。
 ポートレートには面白いかも知れませんが、ちょっとラーメンの写真を撮る時には取り回しがききません(ToT)
 それにしても、このレンズアダプタ、どうも締め付け具合がおかしいのです。
 がっちり固定されているようですが、レンズ接続の際の基準点である赤い印と、アダプタの印が会わないではないですか!
 ずいぶん悪いものを掴まされてしまったのかなぁ…と思ったのですが、よく見たら
OLYMPUS OM
と書いてあるじゃないですか!
 しまった!
 自分が欲しいのはフォーサーズ用のアダプターじゃ!(ToT)
 仕方ないので、フォーサーズ→OMアダプタ→M42アダプタを付けてみました。
 これならOKです。
 しかしながら、奥戸商会が所有しているM42のオールドレンズは、どれも長物ばかり。
 しかも、有効焦点距離があまりにも遠すぎるため、ばかでかいマクロレンズとしか使えません(ToT)
 まぁ、私が使うために必要なレンズはほとんどそろっているので、いらないと言えばいらないのですがね。
 8Gのマイクロドライブに引き続き、オークションでは失敗が続いてしまった訳です(ToT)
 やけ酒だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。