エスカレーターの話


 結構激しい二日酔いで目が覚める。
 程度のビールではこんなに二日酔いになったことが無いと言うのに、昨日はよっぽど歩き疲れていたのだろうか?
 今日は日本に帰らなければならない日だし、このまま寝てしまっては何のために韓国に来たのか分りません。
 旅行会社の人が迎えにくるタイムリミットが午後5時30分。
 一旦チェックアウトをして、韓国最後の日を満喫することにしました。


 ホテルから一番近い駅がノクサピョン駅。
 この駅がいつできたのか調べていないので分らないのですが、エスカレーターや構内の設備が近代的だし、円筒状の作りになっているなど、かなり金を掛けて作った感じがします。
 しかしながら、利用客が思った程いないらしく、節電のためか電気が消えているところが多く、薄暗いんですよね。
 このノクサピョン駅のエスカレーターの壁に、こんな張り紙がしてありました。

エスカレーターは二列で 正しい安全文化の始まりです。

二列立ち(直訳)
 韓国でエスカレーターに乗るときは、基本的に急いでいる人は左側を歩いて上り下りし、急いでいない人は右側に立って乗ります。
 東京でエレベーターに乗るときとは反対というわけです。
 この話はずいぶん前に、本家WebPage「役に立たない韓国語 右側通行」というコンテンツとして発表してあります。
 そのコンテンツを上げた後、読者の方から色々な意見を頂いたのですが、
エスカレーターに乗るときは歩かないのが基本だ
という話を頂きました。
 ようするに、急いで駆け出すからこそ事故が起きると言うことなのでしょうね。
 まぁ、韓国人は
빨리, 빨리!!(早く、速く)
って言葉がよく似合う民族(^^;
 黙ってエスカレーターに乗っているなんて時間が勿体無い!ということも言える訳です。
(その割にはコリアンタイムと言って、遅刻しても괜찮하요!みたいなんですけどね(^^;)
 さて、このノクサピョン駅から地上に出るエスカレーターの壁に「二列で」と書いているのに、ホームに続くエスカレーター下には「左側通行」なんて表示がまだしてあります。
 一貫性が無いです。

 笑ってしまったのが、次の写真

 あのぉ…빨리 고치세요(^^;

 さぁ、ノクサピョン駅から買い物ツアーに行きます。
 と、思ったら駅員さんに
何写真撮ってんの?
と職務質問されてしまいました。
 私が日本から来た旅行者だと説明したら「あぁ、記念写真ね」と納得してくれましたが、韓国はやはり保安上の問題からか写真を撮ることに抵抗がある国なのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。