第一回変態オフ会都電編


 いや~、本当によくこれだけの人数が集まりましたね~
 ルーキー38(サンパチ)さんが発起人として「都電を貸し切って乗ろうじゃないの」と声をかけ実現した変態企画。
 なんと全国から23人もの変態どもが集まりました。
 中にははるばる新潟から駆けつけた℃変態も!
 都電荒川線三ノ輪橋駅から終点の早稲田駅まで片道約一時間。
 普段なら終点まで乗っても160円のところ一人頭1300円を払い乗り込みます(*^。^*)



 実はこれだけ長く東京に住んでいながら、都電に乗るのは初めての体験。
 一言で言えば
路面電車(노면전철)
であり、道路の真ん中を走る今では珍しい電車であることくらいは知識としてしっていたものの、実際に走っているところを見た記憶も無いので、実に貴重な体験をすることができました。
 我々を乗せた貸し切り電車は午後1時30分に出発。
 平均年齢は40歳前半と言ったところでしょうが、心は変態小学生です。
 とりあえず名前は聞いたことが有るものの、初めてお会いする人も多かったので、自己紹介から始まりました。
はじめまして~○×です!
荒川線沿線に住んでいま~す。
好きな駅は大塚駅で~す。

 結構若く見える女の子もいたのですが、こんな感じの変わり者ばかりでした。
 鉄分多いわぁ…(´Д`)
 彼女らに鉄分捕られっぱなしで、貧血になりそうです。

 都電の中は飲食(ジュースくらいは飲んだけど)喫煙、トイレも無い、電車と言うよりバスに近い乗り物であることを初めて知りました。
 実際に押しボタンも有ります。
 荒川線は非常に目立つ存在なので、写真を撮るマニアが多いみたいですね。
 そんな荒川線を貸し切りにして乗っている変退さんたちは、やっぱり変な存在に見えるでしょう。
 そとからカメラを向けられると

 皆一斉に大型カメラを向けていじめます(^^;

 デートだったのでしょうかね?
 彼女がビックリしてうつむいてしまったのを見て、恥ずかしそうに一礼をする彼氏が初々しかったですね(^^;

 ファミレスの窓から手を振る小学生!
 少年よ!こんな変態になるなよ!

 こんな感じで、後は好き勝手に記念写真を撮ったり、ぼけっと外を眺める人もいます。

 運転席にかぶりついて写真を撮る人もおります。


 終点 早稲田駅に到着、しばし休憩した後に復路です。
 同じ道を戻るだけですが、やはり往路ではしゃぎ過ぎてしまったため、結構雰囲気がまったりしていました。

 とにかくシャッターを切りまくったのですが、帰って来て現像すると、雰囲気がおかしいんですよ。
 どれもシラッチャケているというか、オーバー気味と言うか。
 写真にコクが無い感じです。
 気になってチェックしてみたら、階調が「ハイキー」になっていました。
 RAW現像でなんとか修正はできたものの、どうも納得がいかない画質です。
 終点三ノ輪に戻った一同は、近くの居酒屋で飲み会に参加。
 皆熱く語っておりました。
 私はですか?
 また記憶が無くなりました…(-“-)
 疲れているのかなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。