韓国料理教室


무대찌개bu-de-jji-ge:部隊鍋
 今日は今井先生の「日本語教室」に参加する予定だったのですが、春休みで人が集まらないため、急遽中止になりました。
 そういえば、今通っている学校で、韓国料理を作る「料理教室&交流会」というのが開かれることを思い出し、慌てて先生に連絡して参加しました。
 集まったのは総勢10数人。



美人の先生が料理を教えてくれます (´Д`)
 料理教室は以前も何度か開かれたらしいのですが、あまり人が集まらなかったと言うこともあり、先生もまさかこんな人数が集まるとは思っていなかったと思います。
 正直、私は写真を撮ることに集中していたので、料理に関してはあまり手を出さなかったのですが、人が多すぎたため、一定のところから動くことが出来ない程、教室の中は込み合っていました。
 今回作った料理は、トップに載せた「部隊鍋」と、チャップチェと呼ばれる、韓国春雨と野菜の和え物。
 部隊鍋とは、これまた諸説があるようですが、アメリカ軍から入ってきたスパムとか、ハム、ソーセージを入れた、辛い味の鍋料理です。
 最後にインスタントラーメンを入れるのも特徴かな。
 作り方は意外と簡単。
 それぞれの材料を、適当な大きさに切って、煮込むだけです。
 問題は出汁ですね。
 この出汁に使われるのが、唐辛子ミソとか、赤唐辛子、佐藤などで、比率によってはメチャクチャ辛くなってしまうし、味を見ながらでないと、後から大変なことになります(^^;

잡채 chab-che:雑菜
 チャプチェとハングルで書くと、日本人にはよく分からないでしょうけど、この料理名は漢字語で、文字通り色々な野菜が入った、和え物なんですよね。
 色々なものを炒めて、最後に合えるだけですので、難しくは無いですが、結構手間がかかる料理です。

 男性も、積極果敢に料理を作ります。

 料理が出来たら、これをつまみにして宴会が始まりました。
 平均年齢は結構高めの飲み会。
 私はヌナ(姉さん)の席に呼ばれて、私をつまみに、韓国語の話、仕事の話など、色々な話で盛り上がりました。
 語学学校に通ってくる人たちは、本当に様々。
 社会勉強にもなりますし、会社内の付き合いだけだと、視野が狭まる感じもします。
 また何かこのようなイベントがあっったら、どんどん参加したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。