G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4(2)


 お昼休みにヨドバシカメラまで個人的に出張(。☆)\(-_-#)
 レンズリングを外す為のゴム製工具を入手しました。
 価格は1700円。
 写真には3個しか写っていないけど、大小6個組です。


 今回は前玉を外して分解清掃にチャレンジです。
 「G.ZUIKO AUTO-S F1.4」とか書いてあるリングを回せば前玉にアクセスできるはず…
 でもなかなか回りません(ToT)
 もしかして、何かこつが有るのかと思い、ネットを検索しましたが答えは出ず…
 1時間くらい経ってあれこれ考えましたが、おそらく経年変化でレンズリングが固着しているか、もしくは簡単に外れないように、軽く接着剤が付けられているのではないかという結論に至りました。
 そこでダメ元でゴム製工具を当て、左右にぐりぐりひねって見たところ、回り始めました\(^o^)/

 ZUIKOレンズ共通の事ですが、前のレンズリングを外すと、絞りリングを回した時、各絞り値で「カチッ」と停めるための小さなベアリングが出てきます。
 直径は0.8mmくらい(適当)でしょうか。
 これが写真に写っている本体の中央の穴にはまっています。
 この中央の穴には細いバネが入っていて、適度なクリック感を与えてくれる訳ですね。
 無くならないように注意です!

 次に前玉のブロックを外す訳ですが、マニュアル本にはゴム製工具を使うと書いてありました。
 ところがここもかなり固いため上手く回りまわらなかったため、ジャンクコンパスで回しました。
 純ネジですね。
 後はブロアやオキシドールで洗浄して終了です。
 大分綺麗になったものの、まだカビの後が多少残っています。
 それでも実用に耐えるものになったと思います。
 おそらく逆光ではかなりカビ後のせいで悪影響は出ると思いますけど。
 しかしまぁ、一眼レフカメラを始めて2年半くらいですが、写真を撮ることより、工具を集めて分解する事の方が面白い!
 なんだかなぁって感じです。
 写真撮れよ!(。☆)\(-_-#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。