DANDELION 4.3(2)


 DANDELIONでオールドレンズを装着したOLYMPUS E-420。
 カッコいいです(^^;
 今回はダンデライオンのプログラミング要領について説明したいと思います。


 まずプログラミングモードに入る為に、カメラ本体でプレビューモードが出来るように設定しないとならないようです。
 プレビューモードとは、そのボタンを押すと、現在その露出値でどの位の被写界深度が有るか(ピントが合っている深さ)を確認するモードのことです。
 E-3の場合、専用のボタンが有りますが、ボタンが省略されたE-420などの場合、プレビューモードを任意の場所に設定しないと行けません。
 さぁ、プログラミングの開始です。
 と、言いたいのですが、プログラミングモードに入る手順が未だに理解できていません(。☆)\(-_-#)
 レンズリリースボタンを押したまま、(もしくはリリースボタンを話した直後に)プレビューモードボタンを押すとプログラミングモードに入れます。
 適当ですね(^^;
 まず絞り値の設定です。
 私の持っている「OLYMPUS G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4」例を挙げて説明します。
1. コマンドモードに入り、コマンド5.6なるものを選択し、プレビューボタンを押します。
2. その後、マニュアルに書いてある表どおりに数値を入力して行きます。

 F1.4の場合、まず「1」に当たる「F値(F4.5)」を選択し、プレビューボタンを押して確定。
 次に小数点は無視して「4」に当たる「F値(F6.3)」を選択し、プレビューボタンを押し確定。
 最後にレンズを外すボタン(レンズリリースボタン)を押してプログラミング終了です。
 次にレンズの長さの設定です。
1. プログラミングモードに入り、レンズの長さを設定する「コマンド8.0」を選択し、プレビューボタンを押します。
 ダンデライオンは1mmから65535mmまでの長さを設定できるそうです。
 無用に長いですよね。
 せいぜい実用値は1000mm単位だと思うのですが…
2. さて、レンズの長さの設定は上の桁から下の桁にかけて、五桁の数字を入力して行きます。
 つまり50mmの場合「00050」と入力する訳です。
 表に有る通り「0」に対応する「F4.0」を選び、プレビューボタンで確定。
 頭は0が3個並んでいるので、同じ動作を3回繰り返します。
 続いて「5」に対応する「F7.1」を選択し、プレピューボタンで確定。
 最後に「0」に対応する「F4.0」を選び、プレビューボタンで確定。
3. 最終的にレンズリリースボタンを押してプログラミング完了です。
———
 旧ダンデライオンと、新ダンデライオンの違いを上げてみましょうか。
 旧ダンデライオンでは、プレビューボタンの代わりに、シャッターボタンを利用していました。
 どのボタンを利用しても良いと思いますが、シャッターボタンの場合、カメラにメディアが入っていると無用な写真が撮れてしまうため、メディアを外すという「手間」をかける必要が有りました。
 次に旧ダンデライオンの場合、最低絞り値を設定しても、カメラ側でF値を変更する事が出来ましたが、新しいダンデライオンでは一切変更できません。
 以前古いダンデライオンを解説しましたが、レンズとカメラ本体が連動している訳ではないので、本体のF値を変えると、レンズと本体両方で光を絞ってしまい、結果シャッタースピードが遅くなってしまいます。
 現在使っているレンズの絞り値まで記録できるので凄いなと思いましたが、現実に使い物にならないのでF値が固定されるのは良いかと思いました。
 古いダンデライオンは非常に簡素なフレームに固定されていましたが、今回購入したダンデライオンはそれなりです。
 もちろん、専用のOMアダプターよりは精度は有りますが、やはりレンズが少々がたつきます。
 また、チップの固定も中国仕事らしく見栄えは悪いです。
 まぁ、わずか3000円で購入できる楽しい機材なので、この程度の事は多めに見ましょう(^^;
 新しい方が「多少精度が悪い」と書きましたが、古いダンデライオンはしっかり固定しても、すぐガタツイてしまい、絞り羽が最小絞り値まで絞られないとか言う不具合も有りました。
 勿論、旧ダンデライオンもちゃんとしたOMアダプタに着けることを推奨しています。
 ダンデライオン自体はチップの名称なので、OMアダプタはおまけだと考えていた訳ですね。

[OLYMPUS E-420 / G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 / f1.4]
※ソフトフォーカスなのはレンズを開放にしたせい…
 まぁ、くだらない話はさておいて、最近分解記事ばかりですね。
 昨年のラーメンランキンも書いていないし(。☆)\(-_-#)

[OLYMPUS E-420 / G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 / f2.0]
 現在OM-1でリバーサルを撮影中。
 さて、どんなものが写りますか、お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。