北海道ラーメン 味源(2)


味噌つけ麺 850円(替え玉+150円)
 あのお店もやっていない。
 狙った店の開店はもう少し先…
 ブラブラ歩いていたら、随分と前に一度だけ来たことのある北海道ラーメンの店にたどり着きました。
 マイブームであるつけ麺が有ると言うのでチャレンジしてみました。


 さて、前回食べたのは塩ラーメンだったのですが、今一だった気がします。
 そうでもなければここまで期間が空くことはありませんからね。
 とりあえずつけ麺を注文することは心に決めていたのですが、大盛りが1.5倍で100円増し。
 ところで替え玉150円増しってどういうことだろうか?
 九州ラーメンでは良く有る替え玉のつけ麺版で、麺のお代わりみたいなものであることは想像がつきます。
 念のために店員さんに聞いてみたのですが…
麺が二倍になります。
一緒に出しますか?


 それでもって、最初から二つの蒸篭(実際は平たい更に蒸篭が引いてあるので水切り機能はない)で山盛りの麺が出てきました。

 はるばる北海道から取り寄せて、更に熟成をさせたと言う太麺です。
 麺だけ食べたのですが、なかなかに味が有る。
 おそらくごま油をまぶして、茹でた麺がくっつかないようにしているのでしょう。
 だけど…
固すぎる(-_-#
 そうだなぁ…
 インスタント麺を入れたどんぶりに温いお湯を入れて暫く放置しておいた感じ。
 それが生麺だからどうしようもない。
 はじめから最後までごわごわと固い麺をカミカミしなければならない訳です。
 こんなもんだと分かっていたら替え玉なんかしなければ良かったです。
 その反面、つけ汁は非常に面白い味でした。
 油揚が入っていてみそ汁のような感じかと思いましたが、豚骨スープに味噌が乳化していて、まるで温かいシェイクを飲んでいる感じです。
 このつけ汁だけ言えばインパクトが有って面白いです。
 麺が固く無ければなお結構なのですが…

 トッピングは豪勢に見えます。
 半熟の味付け卵が丸ごと一個と叉焼もかなり大きいです。
 ただし、つけ汁に入れると味がぼやけてしまう程度の味付けなので、職人技まで感じませんね。
 どうせなら冷たくしないでほしかったです。
 割りスープを注文したら、急須のようなもので出されました。

 ただのお湯ではなく、豚骨スープのようです。
 ただし、出汁などは入っていないので、これだけ飲んでも美味しくなさそうです。
総括
 この店の壁には味を濃くするとか、麺を固くするとか客からのオーダーに答えるように、ラーメンに関して注文できるようです。
 ですが、麺の固さに関して「柔らかめ」という文字が×で消されていました。
 つまり、デフォルトか固めしか選べないと言うことです。
 今回注文したつけ麺はあまりにも固くてゴワゴワしていて不愉快になりました。
 もう少し柔らかくしてくれれば良いのですが
それ以上柔らかくなんかできない!
という態度を見る限り、おいしいラーメンを提供するより、店の回転率を上げるとか、利益のことしか考えていないのかも知れません。
 まぁ、勝手にやって下さい。
 もう行きませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。