はるかぜ (5)


ガーリックトマトラーメン 800円
 またまたはるかぜさんにおじゃましました。
 最近良く行くなぁ。
 何度も書いているけど、この店のラーメンは非常に優しい味である反面、インパクトが弱いのです。
 そんな中でちょっと目立っていたのが今回食べたガーリックトマトラーメンでした。


 ラーメンとは全然関係ないのだけど、このお店にはラーメンが出てくるまでの暇つぶしのため漫画が置いてあるのです。
 将太の寿司という単行本を読んでいるんだけど、過去5~6回行っているのに一冊読み終わりません(^^;
 まぁ、ラーメン屋で漫画を読むこと自体、邪道だと思っているのですけど、将太の寿司も面白いのですよ。
 さてさて、出て来たラーメンを頂いてみます。

 スープはトマトの赤みにあった辛い味なのかと思っていたけど、はるかぜさんの塩味。
 野菜中心の非常に綺麗な彩りのレイアウトですね。
 麺を頂いてみたところ相変わらずです…
 なんと言うか麺の味が弱い気がするし、スープも今風ではないので弱い感じです。
 トマトの味はするけど、肝心のにんにくの味があまりしません(^^;

 トッピングとしてのっていた叉焼は非常に美味しいです。
 シンプルながら豚さんの味が出ていて好感が持てます。
 悩みながら食べていたのですが、餃子などに使うネギ塩タレをスープに入れて、少しだけ味を濃くして食べました。
 本当は塩分が少ない状態に慣れないとだめなのでしょうけどね。
総括
 なんというか、今回も今一感を隠しきれない一杯でした。
 でも通っちゃうんだよな…
 要するに、最近のラーメンがあまりにも毒々しく濃い味のものが多すぎるのでしょうね。
 それからこのお店のこだわりとして、自家製麺を出していることでしょう。

 美味しい小麦粉を使ったら美味しいものができるのか?
 加水率だとかレシピ的なことを書かれても、こちらとしてはピンと来ません。
 それよりブランドを前に出さず
よく分からないけど美味しい
と思わせた方が良いと思います。
 批判に感じるかも知れませんが、研究開発を怠っていないのが良いのですよ。
 だから応援したくなるんです。
 また行きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。