葛飾太郎

つけ麺大盛り
つけ麺 醤油系 大盛り 850円(大盛り100円増し)
 iPhoneの周辺機器こと、新しい車を買ってからと言うもの、気分一新、休みも外に出かけることが多くなりました。
 外に出かけると言ってもラーメンを食べに出かける程度ですけどね。
 さて、今日は葛飾太郎なるお店を取材してみました。


 このお店を知ったのはかれこれ半年以上前のことだと思います。
 何度か足を運んだのですが、タイミングが悪くて店が開いていないことが続きました。
 ふと思い出して行ってみたところついに入店することができました!
 今回もつけ麺を注文。
 普通盛りで750円のところ、100円増しで大盛りにしてみます。
 それからこのお店では無料トッピングと言うものをやっているそうです。
・ニンニク
・刻み玉葱
・生姜
といった調味料系の食材を無料でトッピングしてくれます。
 ニンニクマニアの私は当然のことながらニンニクを注文です。
麺のみ
 大盛りと良いながらも400gくらいですかね。
 それ程迫力は有りません。
 麺の上には少量の刻み海苔と支那竹、そしてかなり大きな叉焼がで~んと鎮座しています。
つけ汁のみ
 つけ汁は小振りなドンブリに入っていて、中には刻み玉葱やホウレン草などが入っていました。
 豚骨系スープが入っているらしく、醤油系と言いながらもつけ汁に透明感はありません。
麺のアップ
 まず麺から行ってみましょう!
 中太縮れ麺のため、オーダーしてから目の前にでてくるまで結構時間がかかっていました。
 お味の方は…
 瑞々しい麺は適度な温度の冷水で締めてあり、小麦の味がちゃんとしました。
 見た目にも若干黄色っぽく、玉子の味もしましたね。
 偶然ですが、一緒に口に入って来た刻み海苔が麺と絡んでなかなかのお味です。
 うまうま(^^;
 この麺をつけ汁にじゃぶっと潜らせてから、がぶっと頂きます!
ごめんなさい…(-“-)
なんか今一

 酷く不味いと言う訳ではないのですが、瑞々しい麺にスープが負けています。
 スープだけ飲むと塩辛いのでそこそこの濃さは有るのですが、やはり持ち上げに必要なスープの濃さと、少量でも麺に味を加えてくれるインパクトが足りないようです。
 そうですね…
 最近流行の魚介系豚骨醤油ではない、豚骨少なめの豚骨醤油とでも言いましょうか…
 下手をしたら濁った東京醤油って感じです。
叉焼
 一方、大きくてサービス満点の叉焼は美味しかったですね!
 低温調理をしてあるのか、見た目には生煮えに見えるお肉ですが、しっかりと火が入っています。
 また、中央に粗挽き胡椒が振ってあり、箸休めとしては十二分に楽しめました。
総括
 店の雰囲気をみても、このお店はどこかのチェーン店のような感じです。
 その割にはスープの味にインパクトが無いのでもう少し研究してもらいたいですね。
 店員さん、特に笑顔がチャーミングなお姉さんは素敵でした。
 眼鏡っ娘でちょっぴり鼻声。
 秋葉系と言えば言えなくも無い。
 店員さんが素敵なのでもう少し味の方をがんばって下さい。
 機会があればまたよらせてもらいます!