らーめん天神下 大喜


純とりそば 950円
 磯野さんから歩いて大喜さんにやってきました。
 このお店は昔から一度は訪れてみたかったお店なんですけど、なぜか行く機会が無かったんです。
 やはり名店とされるだけ有って、お店の前には行列ができていました。


 券売機で券を買う間にも順番を抜かされてしまうかもしれないと言う不安からか、あれこれ迷っている暇がありませんでした。
 どうせならもっと安くてスタンダードなものにしたかったのに、100円増しで限定メニューが有ると言うじゃないですか。
 この選択が吉と出るか凶と出るか!?
 行列ができていたと書きましたが、流れもスムーズで10分程で店の中に入ることができました。
 そして更に待つこと10分弱で限定メニューが登場です。
 ドンブリは小さなお盆の上に置かれており、お盆の上にはレンゲも置かれていました。
 私はレンゲを使わずドンブリを持ってスープを飲みました!
おぉ!これは面白い味だ!Σ( ̄□ ̄|||)
 最初一口スープをすすった時は、なにやら冷たいような感じ。
 チーユと呼ばれる、鶏から採った脂を直接すすってしまったようです(^^;
 チーユは少々塩辛い感じがしました。
 お箸でチーユをどかして熱いスープを飲むと、鶏の香りとともに玉子の黄身のような香りもしました。
 そうですね、一言で言えば濃厚豚骨ラーメンの鶏版と言うのが合っているのではないですかね。

 麺の上には細かく切った椎茸、白髪ネギと輪切りのネギという二種類の長ネギ。
 そして半分に切ったゆで卵と鶏そぼろ、そして叉焼代わりに茹でた鶏が乗っています。

 麺は細麺より少し細いので、ここでは中細麺と呼んでいるようです。
 正直、コクが有るスープに負けていて、麺自体の味はそれ程感じませんでしたね。
 まさに豚骨ラーメンの鶏版です。
 博多ラーメンのように硬めに茹でた小麦粉の香りが強く香る麺にしたらどうなるでしょうかね?
 食べ進めているうちに、この一杯は鶏づくしだと思い始めました。
 鶏の色々な味が楽しめる訳ですよ。

 煮た鶏さんも柔らかくてジューシーで美味しいです。
総括
 鶏白湯(トリパイタン)は味噌や醤油、塩、豚骨に続く第5のスープだと言われることも有ります。
 個人的には塩ラーメンの亜流だとか、中国4千年のスープ文化の一遍に過ぎないとかへりくつをこねたくなりますけど、兎に角美味しかったです!
 先にも書きましたが、スープの中に玉子の黄身の香りや風味を感じてとてもつぼにはまった一杯だと思いました。
 しかし、やはり濃厚な鶏白湯スープは普通盛りでもかなりお腹にたまります。
 そうですね…麺類を食べているはずなのに、実は鶏雑炊や玉子スープを食べている感覚だといいましょうか…
 美味しいラーメンを食べると、またもう一杯食べたくなるはずなのですが、今日はまだ二杯目なのに関わらずお腹一杯、十分満足できました。
 個人的なイメージとして「大喜」さんは鶏そば系のお店かと思っていましたが、意外なことに醤油ラーメンがメニューの一番上に書いてあるんですよね。
 以外と通いやすいところに有るし、それ程酷い行列でもなかったので、またあれこれ違うメニューを食べたくなりました。
 秋葉原エリアに来る楽しみが、又一つ増えましたね\(^o^)/