日別アーカイブ: 2002/01/30

くるま

 最近韓国の歴史のようなお話を翻訳した。
 そこに「車」という単語が有った。

수레su-re:車

 車と言っても「自動車」の事ではない。
 荷物を運ぶための「大八車」の様な道具のことである。

 ネイティブの先生は、この単語を翻訳するとき、逆に私達に質問をした。
「車って言ってもピンと来ませんね・・・日本語で何と言ったら一番しっくり来るのでしょうか?」と。

続きを読む くるま

ハサミ押される

 前回に引き続き「梅図かずお」先生の漫画を想像してしまった表現だ。


神の左手悪魔の右手「錆びたハサミ」より

 実はこの表現を初めて見たのは、漫画は漫画でも、韓国語版「名探偵コナン」の1シーンだった。
 第2巻のお話に、古い洋館の地下に閉じこめられている青年の話が載っている。
 その青年はベットで寝ていたのだが、突然叫びながら目を覚ます。
 その姿を見た母親は「またハサミ押されたんだね」と言っていた・・・

가위 ga-wi:ハサミ

눌리다nul-li-da:押される

가위 눌리다ga-wi nul-li-da:ハサミ 押される?

 いや、お話の流れから考えると「悪夢にうなされたんだね」と言っているに違いないと思ったのだが、何かしっくり来ない。
 何かまた大きな勘違いをしているに違いない。

続きを読む ハサミ押される

耳に釘・・・

귀에 못을 박히다gwi-e moseul bak-hi-da:耳に釘を打ち込まれる

 今回は日本語に直訳すると、まるでスプラッタムービーを想像してしまうかもしれないお話だ。
 もちろん、順を追って考えてみれば納得ゆく話しであるのだが、私はこの文を見て「梅図かずお」先生の漫画が頭によぎった(^_^ゞ

 さて、この慣用句はどういうときに使うのか、さっそく例文を上げてみよう。

続きを読む 耳に釘・・・