北朝鮮と言う名のapp

タイトル
 いつもiPhoneやiPadの情報を頂いている
Touch Lab – タッチ ラボ
さんで「北朝鮮」に関するアプリの紹介が有った。
 タイトルは『Fotopedia North Korea』。
 内容は北朝鮮(正式名称:朝鮮民主主義人民共和国)国内で撮影された貴重な写真を見ることが出来るといもの。
 私のつたない文章で表現するより、タッチラボさんの紹介文を見て頂いた方が賢明である(。☆)\(-_-#)
近くて遠い国「朝鮮民主主義人民共和国」の今を感じることができる『Fotopedia North Korea』
 平成23年7月25日現在、まだダウンロード無料である。


 このアプリはユニバーサルアプリと言って、iPhoneとiPad両方で見ることが出来る。
 やはりiPadで見た方が迫力が有ってよろしい。
 タッチラボさんのアプリ紹介にも書かれているとおり、撮影者は厳重な監視下の元、北朝鮮軍だけでなく一般市民を撮影したとあります。
 しかしながら、あの国のやる事ですから現実の一般市民はとても見せることができないので、俳優を配置した劇場都市を撮影したと見るのが正しいでしょう。
 個人的には北朝鮮のプロパガンダポスターが面白いですね。
 北朝鮮も一応韓国同様「朝鮮語(韓国語)」を使っているので通訳の必要はあまり有りません。
 ただ南北分断後60数年が過ぎ、鎖国状態と言って良い北朝鮮ですので、どんな言い回しが使われているか、非常に興味深いです。
 さて、このアプリはどういう訳かはわからないが、ネットに接続した状態でないと閲覧ができない。
 ネットに繋がっていないと…

 こんな警告が出る。
 おいおい、何か北朝鮮に情報を流そうとしてんじゃないの?なんて考えたりもする。
 そして、アプリを一番最初に立ち上げた時、こんなアラートが出た。

 何だか北朝鮮のスパイが私の行動を監視しているのか、北朝鮮から何か情報を送って来るのかって感じ。
 このアラートが出た時、怖くなってプッシュ通知をキャンセルしてしまいました(^^;