うんこなう

うんこなう

140文字以内で近況をtweet(呟く)するTwitter。
メール機能も有るし、BBS、掲示板、チャットのようにも使えるのが面白い。
何より手軽なのでついついどっぷりはまってしまう人が多い。
今している事を英語のNowを転用して

○○なう!

と言うのが流行りです。(もう古い?)
ある日、友人の韓国人女性(独身で自分より10歳くらい若い)から衝撃のtweetが送られて来たのだ。

똥싸고 있음~ ddong-ssa-go isseum
うんこなう~


ぶったまげましたよ~
本当に。
あまりにも彼女のtweetが衝撃的なので、こんな感じのRetweet(返信)を送ったのです~

시집 가기 전(아직 시집 안 간) 여자가 뭐! 똥싸다니…
혹시 다른 뜻이 있니? 질문 하나!
*선생님! 일본말로 ‘嫁入り前の娘が’라고 말할 때에 잘 어울릴 표현이 있나요?
위에 쓴 말로 통해요?!

日本語訳(意訳が入ってます)
嫁入り前の女の子がまったくもう!
「うんこなう」だなんて…
もしかして別の意味が有るの?
*先生!質問!日本語で「嫁入り前の娘が」と言いたい時にピッタリ合う表現てあるのかな?
上に書いた言葉で通じる?!

最初は「うんこなう~」に関する疑問を解消するだけだったんだけど、途中から

嫁入り前の娘が

と言う表現が気になり始めたので、どうせなら一度に疑問を解消してしまおうと思ったわけです。

まず「うんこなう~」がスラングなのかと思いネットを調べてみたところ、一発で答えが出ました。

(~していて)苦労する、手こずる等…

なるほど。
つまり「うんこなう」と言うのは、まさにうんこをしている時リキんでいる状態、踏ん張っている状態を表現している訳だったんですね。
改めて辞書を広げて見たら、どの辞書にも載っていました。
こんな面白い表現をなんで今まで知らなかったのでしょうかね(#^.^#)

さてさて「うんこなう」は解消したので次の疑問について考えてみましょうか。
その前に「嫁に行く、嫁ぐ」と言うと言う表現ですが、韓国語ではこう言います。

시집 가다 sljib gada:媤家に行く

「媤」と言う漢字の意味が分からないですよね。
「媤」とは親戚の関係を表す言葉の前に使われて「夫」と言う意味を表すとのこと。
つまり、旦那の家に行くと表現する訳です。
回りくどい説明で申し訳ないです(;´Д`A
ーーーーー
さぁ、ここからはいつも余計な事ばかり考えている宣教師の思考方式。
「うんこなう」から脱線し過ぎて、むしろこっちの話題の方が自分的にはメインのコンテンツじゃ無いかと思ってます。
*これから書く事が個人的な見解かもしれない事を最初にお断りしておきます。
*なぜならこの手の話題は直ぐに「女性の権利を守る」とか「性別による男女差別許さない」という「圧力団体」から言葉狩りに会い易いからです。
*イヤラシイ日本になりやがったなと思いますよ。

まずこの言葉の背景には「女性は必ず結婚するものだ」と言う前提がありますよね。
でも今の世の中「嫁入り前の娘が」だなんて言うとセクシュアルハラスメントだと言われる訳です。
私としては結構それなりの年齢なので、古い日本の風習的な言葉が体に染み付いているのです。
「嫁入り前の娘が」って言う時、どんな考えが有ってその表現を使うか?

 まだ結婚していない(嫁に行ってない)のにそんな下品な事を言うと、嫁の貰い手が無くなるぞ!と戒めを込めて言う。

 応用例として、それなりのご年齢になりあそばされましたお姉様に対して使うと「だから嫁に行けねぇんだよ(#^.^#)」となる。

古くて硬い表現で有るが故に、冗談半分で使う事が多いと思ってます。
言葉の中に歴史と文化があり、それを共用しているからこそ表現に膨らみがでる訳です。
例えば「よそ見をしていて車をぶつけた」と言う時に韓国語では「片目を売っていたので~」と表現します。
私がネイティブの女性に聞きたかったのは直訳して通じたのか?
もしかしたら「よそ見」のように、もっとピッタリ合う表現や言い回しが有るので無いかと思ったわけです。
以下は友人からの回答です。

そうですね。そのまま「直ぐに嫁に行く娘(or 友人 or 同僚) に言えば、通じますよ~

ちょっと拍子抜けしましたが、私が懸念していた部分も補填してくれました。
つまり既に結婚予定の女性には通じるようです。
おそらくまだ結婚予定の無い人に言っても「私はまだ結婚する予定は有りませんけど、何が言いたいの?」となるかも知れないようです。
この部分に関してもう少しネイティブからのお話しをお聞きしたいです。
ふ~、久しぶりに脱線・暴走しなが文章を書いてしまい、心地よい疲労感まで感じています。
最後の最後になってもう一つ疑問が湧いて来ました。

彼女、もしかしたら本当に「うんこなう」だったのでは…