文字化けメールが来た

 平成13年10月27日
 メールをチェックすると、先生からメールが届いていた。
 タイトルを見ると日本語で「ちょっと直してみました」となっていたため、おそらく私の書いた稚拙な韓国語の作文を見て、手直しして下さったのだろうと容易に想像できた。
が・・・

안녕하세요? ・・・・(-“-)

と、こんな感じで全て文字化けしていたのである。

 メールのヘッダを見ると、メールソフトの記述が無い。
 おそらく先生はパソコンのメールソフトを使わず、Web上でメールを送受信しているようだ。
 メールのエンコードが正しくなかったようである。

Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp; format=flowed

 本文は韓国語で書かれているのだが、送信時のエンコーディングは「jp」日本語として送られたため、文字化けしてしまったようだ。
 皮肉なことに、メールの末尾には日本語で宣伝文が入っていた・・・

 さて、文字化けしたメールを変換するソフトはWeb上に有ることは有ったのだが「iso-2022-jp」という、本来を日本語を表示させる為のエンコードを「UTF-8」「EUC-KR」等に変換するソフトが見つからず、途方に暮れていた。
(多分存在するはずだが・・・)

 ここで引き下がっては「宣教師」の名がすたる。
 手持ちのソフトを駆使して何とかしてやろう!と試行錯誤を繰り返したところ、変換に成功した。
 一時は複数のソフトを経て変換させたのだが、よくよく整理して考えてみたところ下記の方法が一番早いことが解った。

 メールを「別名で保存」させ、拡張子に「.html」を付ける。
これをブラウザーで表示させれば、OK。

 難点は改行コードが消えてしまうため、非常に読みにくい。
 今回は私の作文がメインで先生のコメントは2行ほどだったから良かった。
 私はメールの送受信にMacintoshを使っている。
 もしかしたらWindows用のメーラーなら文字化けせずに受け取れたかも知れない。
 だけどWindowsマシンはウイルス感染の可能性が大きいので、特定のことにしか使っておりません。
あしからず。m(_ _)m

※ 韓国語バージョン

글씨 깨진 메일이 왔다

2001년 10월 27일

E메일을 받아보니 어느 선생님께서 보내 주신 메일이 있었다.
제목은 일본어로 “좀 고쳐봤어”라고 쓰여 있었기 때문에 아마 내가 썼던 유치한 한국어 작문을 보고 고쳐 주신 줄 알았다.

하지만…

안녕하세요?

위와 같이 모든 글씨가 깨진 메일이었다.

메일 Header를 보니까 “Outlook Express” 등 E메일 소프트웨어 이름이 없었다.
아마 선생님께서는 E메일 소프트웨어를 사용 안하시고 Web메일로 보냈다 받았다 하시는가 보다.
Encoding나 charset가 잘봇했나 보다.

Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp; format=flowed
보통 charset=”utf-8 등

본문은 한국어로 쓰여 있지만 보내셨을 때 charset를 일본어로서 보내 버렸기 때문에 글씨가 깨진 모양이다.
메일 꼬리에 일본어로 광고문이 붙여 있었으니까 선생님께 실수가 아니다.

그런데 글씨가 깨진 메일을 고치는 소프트는 있긴 있었지만 좀처럼 원래 모습으로 변환할 수가 없었다.
하지만 나 PC광야!
시행작오를 하다보니 변환시킬 수 있었다.

깨진 메일을 “별명으로 호존”한다.
그때 이름에 “.html”를 더한다.
이를 “Internet Explore”의 따위로 열면 좋다.

난점은 개행Code가 없어져서 꽤 읽기 어려운 점이다.
이번은 주로 내 작문이고 선생님 문장은 적어서 다행이었다.

선생님 대단히 감사합니다!

<01/10/27>