こどもののみもの

 スーパーに行ったらサンガリアと言うメーカーから出ている

あわだち飲料 こどもののみもの

なる清涼飲料水を見つけた。
 特売なのかどうか分からないが1本100円だった。
 見るからにビールっぽいデザインである(^^;
 シャレのつもりで1本お買い上げ。

 最近ノンアルコールがブームだそうで、どのビールメーカーもビールテイスト飲料を発売している。
 自分では全く買う気はないが、第二第三のビールより高いっていう逆転現象を起こしているのを見ると、何の為にビールを飲むのかって疑問が湧いて来るんですよね。
 アルコール飲料としてのビールを飲んで酔っぱらわなくてなにがビールだと言いたい訳ですよ。

 日頃、そんなモヤモヤを抱いてビールテイスト飲料を見ていたのですが、サンガリアの商品を見たらちょっと面白いなと思った訳です。

 ビールグラスについでみると色はビールっぽい琥珀色だし泡もかなり立ちます。
 一口飲んでみたらあら美味しい。
 オロナミンCや炭酸マスカットジュースの甘みをかなり抑えた感じです。
 べたべた甘く無くて本当に美味しいと思います。

 そうそう、子供が飲むアルコールテイスト飲料と言えば子供シャンパン(正式名称は不明)。
 今も売っているかどうか分からないけど、甘い炭酸水って感じですよね。
 こどもののみものはそれより甘めが控えめで、泡立ち具合もリアルでなんちゃってビールとしても楽しめると思います。

 30年近く前から発売されていたアルコールテイスト飲料のパイオニア、「バービカン」という商品が有るんですが、なんとなくホップの後味に甘みを感じてます。
 正直それじゃビールっぽく無いよ!と思っていたんですけど、「こどもののみもの」はその後味の甘さを美味しいと感じるレベルに引き上げている感じです。

 ここまで書いているうちに、こどもののみものが以前ブームになったとか言う話しを思い出しました。
 お遊びとしてもこの商品は良く出来ていると思います。
 そう言う訳で、昼間からビールを飲むなんてことはしたことがない宣教師さんが、昼間ビールっぽいものを飲んでいると思ったら、それはサンガリアの「こどもののみもの」を楽しんでいると思って下さい。

 良い子の皆さん!
 宣教師君の横に「麦となんとか」とか「プレミアムなんとか」とか「なんとか絞り」とかいう缶が転がっているのを見ても

あ〜宣教師君、昼間からビール飲んでる!

なんて言わないでね!
 お兄さんとのお約束だぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。