博多らーめん いのうえ

IMG_4922
らーめん 650円

 店に入るなりそうとう豚臭い!
 この時点で「勘弁なう!」って人もいると思いますよ(^^;

 今時のこじゃれたお店ではないです。
 テレビが付けっぱなしになっていて、新聞や雑誌が置いてあり、注文したものが出て来るまで時間を潰せます。
 一人だったのでカウンター席に座ったんだけど、隣の客が構わず煙草を吸っていた。
 なんだか嫌な感じがしないのが不思議です。

 雑誌を物色しているうちにあっという間に運ばれてきました。
 ラーメンを目の前にして香りを嗅いだけどそれ程豚臭く無い。
 入店時の豚臭さは何処かへ消えてしまっていました。

 まずはスープから。
 ずずっとすするとかなり濃いドロドロスープです。
 味はちょっと醤油掛かっていいます。
 個人的にはそれほどくどく無いと感じました。

 トッピングはわけぎとでっかい叉焼、そして海苔が一枚。
 紅生姜や高菜はテーブルの上に置いてある壷の中に入っていました。
 ニンニクが見当たらなかったけど、この店には置いていないのかしら?

IMG_4925_2

 さて、麺をたぐってみましょうか。
 麺は細麺なのに噛みごたえが有って小麦の香りを感じる。
 一応硬めに茹でてあるようで、よく見ると麺の中心がアルデンテのような感じになっておりました。
 しかしバリバリって感じではなく、ちょい硬め程度かな…

 デッカい叉焼はお手本の様な期待を裏切らない想像通りのお味でした。
 途中食べた海苔にビビット来た。
 この味の中で磯のカオリを感じさせてくれました。

 スープを飲み終わると骨髄の粉が溜まっている。
 真面目に骨からじっくり炊いているんだと分ります。

総括

 不思議と替え玉をしませんでしたね。
 そう言うこともあって、一言で言えば不味くは無いが最高じゃない。
 これより「自分では美味しい感じる」九州系ラーメンは存在します。
 そう考えると650円と言う値段も少々高く見える。
 お好きな人には悪いですけどね。
 ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。