スマホ電話SIM フリーData

main_FDtop

 携帯電話のキャリアをSoftBankからb-mobileの「スマホ電話SIM フリーData(docomoのMVNO)」に換えた。
 月額基本料1,560円(税別)で音声電話が架けられて他のキャリアからMNPも可能。
 通信速度最大200kbpsと低速度ながらデータ通信が使い放題。
 こりゃいいわ\(^o^)/

 今回はSIM発行までの流れを備忘録的に書いてみることにしました。

1.キャリア変更の理由

 兎にも角にもスマホにかかる料金を安くすませたいからだ。
 ショップ店員にはちょっぴり恨みは有るけど、SoftBankの回線に不満は無いし、孫正義さんは嫌いじゃない。

 昨年、4年近く使って来たiPhoneのスマホ契約を解約し、ガラケーにした。
 一月4,000円程が家計を圧迫しているとは言わないが、仕事で携帯電話を持たないし、自宅に籠っている事が多いので、高速ながらも高いパケット料金を払う意義が少なくなって来たからだ。

 SIMフリーのiPhoneとMVNOのSIMを併用して、そこそこ楽しい携帯ライフを送っていたんですけどね…
 外出する時、iPhoneと携帯型ルーターの二つを持ち歩くのが面倒くさくなって来たんです。
 だってガラケーに換えるまではiPhone1台の電池だけ気にしていれば良かったんですからね。

データ通信のスピードは遅くていいから音声電話が使えるSIMが有れば…

 そんな事を考えながらネットを調べていたところ、まさにこの「スマホ電話SIM」が平成25(2013)年末である12月27日からサービス開始だということを知り「これだ!」と思いました。

2.お店じゃMNPはできないのだ(。┰ω┰。)

 このスマホ電話SIMのいいところは、今まで使って来た携帯電話番号をMNP(ナンバーポータビリティ)することが出来ることだ。
 MNPの手順が書かれた記事を見ると「SIM発行から手元に届くまで電話が使えなくなる」ような事が書かれていた。
 秋葉原の大型家電量販店に行けばこのSIMが売っているらしいし、「その場でMNP手続きもでできるんじゃないか?」と思って秋葉原に飛んのだが…
 商品説明は良く読みましょう(。☆)\(-_-#)

 Webにはちゃんと

※MNP転入についてはb-Marketのみ対応しています。

と書いてあったのです。
 …で、結局ラーメン食べて家に帰りました(ToT)

3.MNP予約番号を受け取る

 MNPの流れ自体はb-mobileの説明にも有りますが、引き続き備忘録的に書きます。
 まず携帯電話を他のキャリアに移すため、電話番号の転出作業をしました。
 SoftBankのMNP専用受付電話に架けると、最初案内のアナウンスが流れるのでMNP予約番号の発行を選択します。
 その後、案内の人に繋がり名前や電話番号の確認をした後、ショートメールで予約番号が送られてきました。

mnp

 MNP専用電話に架けて手続きが終了したのが6分20秒くらいでした。
 ショートメールが届いたのがその数分後位だったと思います。

4.オンラインショップでSIMを購入

 MNPを利用するためにはオンラインショップでSIMを購入する必要が有ります。
 そして、この購入手続きをする前に上記のMNP転出作業を済ませ、予約番号を受け取っていなければなりません。
 これ重要よ(੭ु˙꒳​˙)੭ु⁾⁾

 凄い長ったらしい注意事項を理解したうえで、下方にあるチェックポイントをそれぞれクリックしないと先きに進めません。

bm

 b-mobile会員の登録をしてログインすると、スマホ電話SIMに留守番電話機能を付けるか、LTE高速データオプションを付けるか、SIMの種類などのチェックをして先きにすすみます。

MNP2

 個人情報入力欄の下にMNPの項目が有ります。
 ここに必要事項を入力して先きにすすみます。

本人確認

 次の画面で「本人確認書類」をb-mobileに送ります。
 具体的に言うと運転免許証やパスポートなど公的機関が発行した書類ですな。
 これらをデジカメ等で撮影してアップロードすればよろしいようで。

 私の場合、免許更新後に住所変更したので免許証の裏面に転出先の住所が書いてある。
 こちらもアップロードしないとだめあるよ。
 表面も裏面も「追加」と書かれたボタンを押してデジカメファイルを選択してアップロードするよろし。

 あとはSIMが届くまでじっと我慢の子であった(੭ु˙꒳​˙)੭ु⁾⁾

5.SIM到着まで時系列

2014年1月6日 17:49 SB宛にMNP予約番号手続き(通話時間6分20秒)
2014年1月6日 17:58 SBからショートメールにて【MNP予約番号通知】受理
2014年1月6日 b-mobileのオンラインショップにて購入手続き
2014年1月6日 18:17 b-mobileから申し込み確認のメール受理
2014年1月7日 19:06 b-mobileから「MNPによる電話番号回線停止のお知らせ 1/8にSIMを送付する」というメール受理
2014年1月8日 昼過ぎ頃から回線停止になっていたもよう
2014年1月8日 18:05 宅配業者にSIM持ち込み
2014年1月8日 21:56 b-mobileから「bマーケット商品出荷のお知らせ」のメール受理
2014年1月9日 07:44 SIMが自宅近くの配送センターに到着
2014年1月9日 12:56 SIMを受領
2014年1月9日 13:15 API入力終了\(^o^)/

6.通信速度

IMG_7958

 SIMフリーのiPhone5に入れてスピードを測定したところ、まぁ妥当な数字ですな。
 速く無いですが仕方ないです。

 1,560円(税抜き)を追加すれば3GBまでLTEが使えるようになるのですが、現在のiOSでは3G接続しか出来ない規制が掛かっているようで、追加オプションの旨味が少ないですね。
 おそらく3G接続をすれば5Mdps以上の数字は出るでしょうけど、LTEルーターではその倍以上の数値が出るからなぁƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ
 先日購入したXi対応携帯ルーターだとLTEのスピードが体感できるので、スピードが欲しい時はルーターでターボを掛けると言う感じで使いたいと思っています。

——–
 面白い事に、このSIMはSIMフリーiPhone5ならテザリング可能なんです。
 iPad miniをBluetoothインターネット共有で接続したところ上下とも0.2Mdps出ていてビックリしました。
 もっと減衰するもんだと思っていたんですけどね。

 逆にスマホ電話SIMをXi対応携帯ルーターL-04Dに入れてみたところ、LTE表示が出ているものの下りの数値は0.15Mdps程度に減衰。
 上りにいたってはタイムアップでカウントできない事が多かったです。

総括

 できればiOSでMVNOにもLTEを許可してくれたらいいのですけどね〜
 そうすればこんなに美味しいことは無いです。

 とにかく今年最初のデジタルな話題としては面白い一品だったと思います。

1 thought on “スマホ電話SIM フリーData

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。