旭川ラーメン さいじょう


伝説塩ラーメン 750円

 ラーメン二杯食べ終えた後、麺達の中央に位置する売店を見学し、煙草を吸って小休止。
 次はどこにしようかうろうろしていました。

 よっし!三軒目はさいじょうに決定です(^_^;)
 指向を変えて塩ラーメンの店にしてみました。
 今回も一番安いラーメンをチョイスしたのだけど、一杯750円と少し高いかんじ。
 トッピングが増えると軽く千円を超えてしまうのはちょっと私の趣旨に反します。


 店内には小うるさいJ-POPがガンガン響いていて、お年よりには不向きな感じですね。
 どちらかというと、やはり若者が多く入っている印象を持ちました。

 トッピングはやはりシンプルなのですが、ナルトが紅白逆になっているのが面白いですね。
 北海道旭川ではこちら紅白逆バージョンの方が一般的なのかしら…
 出てきたラーメンを一口…
 これが塩ラーメンかい?
 どちらかというと薄いとんこつかっ?て位油っぽい。

 麺は何処かで食べたことのある中華麺で個性無し。
 流石に三杯目だからかも知れないが、油っぽいスープと重たい麺のせいであまり箸が進みません。
 隣の学生が「替え玉」をやっていました。
 麺が足りなければ後から注文出来るのは九州ラーメンぽいです。
 ちなみに、替え玉には角煮の切れ端が入っていましたね。

 このラーメン店を選んだのは失敗だったかなと思いながらも、踏ん張って食べていましたが、少し硬めのチャーシューの味は印象的でした。

 チョット味付けが濃い目ながらも、肉の旨味がキュッと詰まっていて、噛めば噛むほど味がでる。
 今の流行りであるトロトロのチャーシューと相反しているところが楽しいです(o^-’)b

 総括としては、塩ラーメンのスープって、野菜や魚介類からダシを取り、ごくごく飲めるさっぱりとしたものだと思っていましたが、悪い意味でこの店は逆のことをやっている感じがしましたね。
 そしてどうでも良い話ですが、このラーメン店で使われているどんぶりは特殊な物らしいです。

 ラーメンを食べると美人になれるというのか?
 遠赤外線を出しているというけど、このどんぶりを冷蔵庫に入れていればキムコ代わりになるってことですか?
 あたまからかぶっていれば健康効果抜群って感じです。

 味で勝負しろよ!と言いたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。