もう3ヶ月

 今日はNHK語学講座テキスト発売日です。
 本当に3ヶ月って言うのはあっという間ですね。
 今月の表紙は薄緑。
 このテキストに使われている色はどの講座のシンボルカラーか分りませんが、以前のハングル講座のシンボルカラーよりはちょっと薄い緑ですね。

 NHK語学講座の応用編は3ヶ月で新しいコンテンツに変わるんですが、毎回興味の持てそうな講座になったときだけ買うようにしていました。
 今回4月に始まったハングル講座は韓国の漫画を教材にしたもので、漫画オタクの私としてはもの凄く期待して購入したテキストでした。
 そしてナレーションを担当した人は以前私が習ったことのある先生だったので、3ヶ月テキストを購入するつもりだったのですが…
 結局一ヶ月目の最初の方で飽きてしまいました。

 漫画をテキストにするなら、それなりの声優さんを使って、劇中劇みたいなこともしてほしかったのですが、何だかモゴモゴどもったような台詞を聞いているのは非常に興味をそがれるんですよね。
 語学というのは勿論薄皮を張り合わせて行くような地道な作業であることは分っているし、それこそ贅沢いうな!とにかく勉強しろ!ってこともあるんですが、私のように趣味で勉強している人間が感じるのは、とにかくテキストに興味を引かれるってことが重要だと思っているんですよ。
 着眼点は非常に良いところをついて新講座を開いてくれた訳ですが、長編漫画の一部分をほんの少しだけ参照してテキストにするのは非常に難しいと思います。
 もともとその漫画のファンだったりしたのなら違ったのでしょうけど、次々に明らかにされる衝撃の事実!みたいなことを言っている割に、一話一話のコンテンツが私の興味を引く無いようでは無かったってことです。

 できれば4コマ漫画とまでは行かないまでも、一日で消化出来る小話的な漫画を主題にしたらもっと楽しい講座になったと思います。
 これも良い訳ですけど(。☆)\(-_-#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。