元祖 当り鉢ラーメン(3)


当り鉢ラーメン こってり 650円
 私がなぜラーメンのことをブログに書くのか?
 それは私の味に対する記憶がほとんど残らないので、どんな感じだったかと言うことを書き留めておきたいからなのです。
 この「元祖 当り鉢ラーメン」を食べたときの感動と言ったら忘れられないです。
 だけど、感動した記憶は有ってもどんな味だったかは思い出せない。
 だから又食べに行く訳です。


 今回は、当り鉢ラーメンのこってり味にチャレンジです。
 この「当り鉢ラーメン」の味の決めてはラードと胡麻のようです。
 こってり味は、まろやか味よりかなり多めのラードが入っている様子。

 麺は卵が多めに入っているぷりぷりの麺。
 こういう麺は結構好きな私です。

 トッピングも沢山入っていてお得感満杯です。
 スープの方はちょっとラードが多すぎたのか、ベースの胡麻の味が薄れてしまい、以前食べた時の感動は有りませんでした。
総括
 今回お店にはオジサンが一人がいました。
 以前来た時にはおばさんだけのときも有ったし、おじさんとおばさんの二人でやっている時も有りました。
 私が一番最初に食べたときはおばさんが調理してくれました。
 担々麺の時はオジサンだったかな…
 どうもオジサンが作ると味のぶれが激しいのかなと言う感じもします。
 あの日食べたラーメンは幻だったのでしょうか…(-“-)
 また食べに行ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。